• Twitter公式ナビゲーション

知識検定 News

ホーム > 知識検定 News

2016年10月吉日
野球知識検定実行委員会


『私と野球』
      田中 佑弥

今回3度目の挑戦にして、野球知識検定2級に合格することができて大変嬉しく思います。少しですが、主に私と野球の関わりについて書かせていただきます。

私は、小さいころ父親とテレビ中継を見ていたのがきっかけで野球を好きになりました。特に松坂大輔選手が憧れでした。その頃からずっと西武を応援しています。

自分も松坂選手みたいになりたいと思い、小3から中3まで野球をプレーしました。7年間ですが野球の難しさ・奥深さを身をもって学びました。

大学に入ると、野球ファンが集まるサークルと出会いました。皆で観戦や野球トークをする中でさらに野球を好きになりました。その中でも特に私が影響を受けたのは、野球知識の面です。今までも野球の試合をたくさん見てきましたが、野球の記録などの知識を能動的に付けることはしてきませんでした。

ある日サークルで行われたクイズ大会に参加したところ、解けない問題が多く悔しくて頑張ることを決心しました。それからは日々の野球を見るときにも記録を意識して見るようになり、今までよりもさらに野球を楽しく見ることが出来るようになりました。

この野球知識検定ですが、サークルの友達から知らされ受けることにしました。問題集があったので勉強しやすく、ほとんど知識のなかった私でも基本的な記録を頭に入れることが出来ました。最初は何から勉強すればいいか分からず勉強できないという方にもおすすめだと思います。

野球の素晴らしいところは色々ありますが、一つは流れが試合を左右するところにあると思います。球場の応援なども影響してワンプレーで流れが変わります。今年の夏の甲子園大会の東邦高校対八戸学院光星の試合がまさにそんな感じでした。

野球のレベルは年々上がっております。今後さらに野球ファンが増えて人気も上昇していってほしいと思います。自分自身は今後、さらに野球を愛していずれは野球知識検定1級に合格できるように精進していきたいと思います。今回はこのような機会をいただきありがとうございました。野球最高です!!  



  手記一覧

このページの先頭へ