• Twitter公式ナビゲーション

知識検定 News

ホーム > 知識検定 News

2016年10月吉日
野球知識検定実行委員会


『私の野球の楽しみ方』
           関根 安男

このたび野球知識検定2級に合格させて頂くことが出来ました。まずはこのような機会を頂き
ました主催者の方々には厚く御礼を申し上げます。

私は昔から、野球の知識には少し自信がありましたが、一般人にそれを生かせる場はまずない
ので、このような形で残せることとなり、嬉しく思います。

さて、せっかくですので、私の普段の野球の楽しみ方を紹介させて頂きます。

その前に、受験生の皆様は、周囲から「なぜ、野球が好き?」とよく聞かれることと思います。
しかし私には答えがありません。「好きなものは好き。」としか答えようがありません。

そして、あくまで〝野球好き〟であって〝スポーツ好き〟ではありません。そのかわり、野球の
ことであれば、日本のプロ野球のみならず、高校、大学、社会人、そしてMLB、韓国野球に至る
まで、何でも見ます。見に行きます。

それでは、私の楽しみ方なのですが、さすがに社会人になると球場で観戦する機会は限られて
くるので、ほとんどが雑誌、スポーツ新聞、テレビで間に合わせることが多いのが実情です。

まずは雑誌。当然、週刊ベースボールを愛読しており、1989年(平成元年)から現在までストック
してあります。その他、子供の頃からの本を含め、部屋がちょっとした図書館のような状態に
なっております。これらは私の宝物です。

次に、スポーツ新聞。これがなければ私の1日が始まりません。昔の一面は、ほとんど野球一色
でしたが、最近では、事件や芸能人ネタ、政治などもあり〝一般大衆紙〟となっておりますが、
これも時代の流れなのでしょうか。

時代の流れといえば、テレビの野球中継に関しても同様に感じるところです。私の幼少期は、
白黒でカメラの設置台数も少なく、現在の進化した中継には、隔世の感があります。

プロ野球がテレビの地上波から駆逐されて久しいですが、それに代わり、最近は色々な動画配信
サービスが続々と出てきて助かっています。

今後はテレビ以上に野球を楽しめる媒体の誕生に、私は大きな期待を寄せています。特にDeNA、
楽天、ソフトバンクには。

そんな中、進化していないと思うものがあります。元プロ野球選手の解説者が語る技術論です。
昔も今も、何を言っているのか、さっぱりわかりません。私に野球経験がないからでしょうか?

特にNHKの大リーグ放送は最悪です。今後は解説者のいらない時代がくるのではないでしょうか。

野球の楽しみ方は他にもあります。1970年代後半から野球にスピードガンが導入されました。
当時の投手のMAXは140Kmくらいでした。江川投手の投げる150Kmなど、子供心にすごい
なあと思っていました。

それが今では160Kmの時代です。はたして当時の一流選手が、現代でも通用するのか?そんな
ことを考えるのも楽しいものです。答えは誰にもわかりません。だから楽しいのです。

最後になりますが、野球知識検定の受験者数は、私の気のせいかもしれませんが、年々減少傾向
にあるような気がします。当検定が、当検定がいつもでも存続していくことを祈っております。

これは、私の主観ですが、学問や知識は立身出世の為にあるものではなく、あくまで世の為、
人の為に役立ってこそだと思います。

現在は、仕事と介護の両立にアップアップ状態ですが、いつかこの知識を役に立てたいです。
これからもみんなで野球界を盛り上げていきましょう。



  手記一覧

このページの先頭へ