• Twitter公式ナビゲーション

知識検定 News

ホーム > 知識検定 News

2016年10月吉日
野球知識検定実行委員会


『野球と私』
      村上 数実

私の母は子供の頃、東長崎(東京都豊島区)に住んでいた。近くに立教大学野球部のグラウンドがあり、
祖父に連れられてよく行っていたそうだ。

伯父が、立教大学在学中、のちに立教大学野球部監督になる砂押邦信さんが友人で、一度、東長崎の
家にも遊びに来たということである。

祖父は学士会館(東京都千代田区)に勤務していた。その敷地内には「野球発祥の地」のモニュメントが
あることで知られている。

私の好きな街の一つが、神保町(東京都千代田区)なのだが、この周辺には祖父が働いていた学士会館、
母の生まれた病院、母の通った高校があり、この神保町という街には縁があると感じる。

私のいとこは、現在宮城県仙台市に住んでいる。彼の子供の頃はロッテオリオンズ(現千葉ロッテ
マリーンズ)の本拠地であった。

彼がよく自転車に乗って、仙台宮城球場に行っていたのは、試合後半は外野席が入場無料になるのと
無料でロッテのお菓子がもらえたからである。

そういえば、元オリックスの田口壮外野手も、試合後半は外野席が入場無料になるという理由で阪急
(現オリックス・バファローズ)の試合を見に西宮球場まで行っていたという事を思い出した。

最近、本を読んで知ったのだが、ロッテは本拠地を宇都宮市(栃木県)に移転したかったが、宇都宮市
には断られた。

そして千葉市(千葉県)に本拠地を移すことになり、球団名も千葉ロッテマリーンズに変え、最初の
監督には八木沢荘六氏(作新学院高・元ロッテ)がなったのだが、なるほどなと思った。

私が野球というスポーツが好きになって40年以上経った。
まだ幼い時、家の前には空き地があった。
毎日のようにそこで、野球をして遊んでいた。
野球のおかげで友達ができた。
野球って素晴らしい。



  手記一覧

このページの先頭へ