• Twitter公式ナビゲーション

知識検定 News

ホーム > 知識検定 News

2017年4月吉日
野球知識検定実行委員会


『サード』
     池ノ谷 隆樹

私が今のプロ野球界に思うことはサードの人材不足についてである。

かつては長嶋茂雄というスーパースターの影響もあり日本を代表する選手が守る花形ポジション
であったが、今では川端慎吾、松田宣浩、村田修一以外に、確固としたレギュラーが存在しない
状況に陥っている。先述の3人が物足りないというわけではないが、この現状は寂しいと言わざる
を得ない。

このような状況に陥ってしまったのは、チームを引っ張る主力になるはずの若手サードが、いずれ
も打撃や守備で伸び悩んでしまったからだろう。

近年では高橋周平、堂林翔太がその例だ。堂林翔太に至っては打撃と守備の両方で伸び悩んだ
挙句、外野にコンバートされてしまった。

また本塁打、王打点王の2冠を獲得するまでに至った筒香嘉智の様に、守備力や負担を考え、
サードからコンバートされたことで開花するという例も多い。これは仕方のないことだとは
いえ非常にむず痒い思いだ。

しかしながら、実の所サードの人材不足について、そこまで絶望視する必要は無いと私は考えて
いる。何故なら少し前までセカンドにおいても人材不足が叫ばれていたのだが、今ではご存知の
通り浅村栄斗、菊池涼介、山田哲人ら、短い期間であっという間にスター選手が揃ったからだ。

キャッチャーについても同様だ。セカンド程ではないにしろ小林誠司、田村龍弘、森友哉、将来
有望な若手が次々と出て来ている。だからこそ私はサードの人材不足が長く続くことは無いと信じ
ている。

そしてこんな状況であるからこそ、去年阪神にドラフト1位で指名された大山悠輔には注目せざる
を得ない。

阪神のサードと言えばそれこそミスタータイガース藤村富美男、掛布雅之といった球史に残る
スーパースターが守っていたポジションであるために、どうしても比較されてしまい、苦労する
ことも多いかもしれないが、是非ともサードを自分の物にして欲しいと思う。

最後に私事になるが、今回2度目の挑戦で野球知識検定2級を合格することが出来た。
野球好きとして非常に嬉しく思う一方で、先の1級に挑むため引き締めて頑張りたい。



  手記一覧

このページの先頭へ