• Twitter公式ナビゲーション

受験規約

ホーム > 受験規約

野球知識検定実行委員会(以下「当委員会」という)は「野球知識検定」(以下、「本検定」という)の受験
手続及び運営に関する規約を次のように定める。

第1条【基本方針】

  1. 当委員会は、本検定の受験手続及び本検定の運営について、この規約(以下、「本規約」という)に定める
    ところにより、公正かつ厳正に実施する。
  2. 本検定を受験しようとする者は、本規約に同意した上で受験手続をとるものとする。

第2条【公示方法】

  1. 本検定の実施にかかる、受験日、受験料、実施会場等については、「検定概要」に定める。
  2. 「検定概要」の公示は、次の各号に掲げる方法により行なう。
    1. パンフレット・チラシ等の広告宣伝物による公示
    2. ウェブサイト・電子メール等による公示

第3条【受験手続き】

  1. 本検定を受験しようとする者は、当委員会の定める申込受付期間内に、所定
    の手続を行い申込み、かつ所定の方法により受験料を払い込まなければならない。
  2. 前項の手続に関し当委員会の指示に従わない場合及び本規約に同意しない場合は、いかなる理由があろうとも、その申込みを受け付けない。

第4条【登録情報の変更と管理】

  1. 受験者は登録している情報に変更があった場合は、ただちに当委員会に連絡または変更の手続を行わなけれ
    ばならない。
  2. 受験者は自己の責任によって、ユーザーIDおよびパスワードの使用及び管理を行うものとし、自己の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負う
    ものとし、弊社は一切責任を負わないものとする。またユーザーIDおよびパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をしたりしてはならない。
  3. 受験者はユーザーIDおよびパスワードが盗用または第三者に使用されている疑いのある場合、ただちに当委員会に申し出なければならない。その申し出をしなかったことにより不利益を被った場合には、当委員会は
    一切の責任を負わないものとする
  4. 受験者はユーザーIDおよびパスワードによって行われた受験予約やその他の本ウェブサイトの利用は、そのユーザーIDに対応する受験者情報の主体であるところの受験者によってなされたものとみなされ、第三者によって利用が行われた場合も、その受験者は受験料やその他の債務の全てを負担するものとする。

第5条【受験票】

  1. 当委員会は、受験者が所定の手続が完了したことを確認後、受験票を交付する(試験日の約6営業日前までを予定とする)。但し、ネット検定の場合は、ネット画面やメールにて情報伝達を行い、受験票は送付しない。

第6条【書類の返還】

  1. 受験申込書及び添付書類等は返還しない。

第7条【公式検定受験上の遵守事項】

  1. 受験者は、当委員会の定める開始時間前までに受験会場内の指定の部屋に入室しなければならない。
  2. 受験者が、次の各号に掲げる行為を行った場合は、当該本検定を受けることができない。
    1. 本検定を開始する時刻までに受験会場内の指定の部屋に到着しない場合。ただし開始後、検定官、
      当委員会の職員の判断により当該受験を認める場合があるが、試験終了時間の変更はしない。
    2. 検定官、当委員会の職員の承認を受けないで前項の部屋から退出した場合。
  3. 受験者は、本規約、受験上の注意等及び検定官、当委員会の職員の指示を厳守しなければならない。

第8条【ネット検定受験上の遵守事項】

  1. 受験者は、当委員会の定める開催期間以内の間で受験を開始しなければならない。開催期間以内に受験を行わなかった場合、受験の権利を放棄したものとして扱うものとする。
  2. 受験者は、当委員会の定める開催期間より以前に、当委員会の定める方法にて事前に受験に利用するパソコンの動作環境設定を行うものとする。
  3. 受験者が、受験中に受験しているパソコンの電源を落とす行為や、試験ブラウザを閉じるなどの中断する行為は棄権行為とみなし、受験の権利を放棄したものとして扱うものとする。ただし、パソコンのトラブルや停電など回避できない事態により検定が中断される事態が発生した際には、最初の受験開始から72時間以内であれば最初から受験し直すことが出来るものとする。

第9条【ネット検定受験上の注意事項】

  1. ネット検定受験では、次の各号に掲げるいずれかの事由が生じた場合には試験の実施を一時的に停止する。
    但し、予期せぬ場合をのぞき、停止期間についてはあらかじめ受験者へ通知するものとする。
    1. システムメンテナンスが必要な場合。
    2. サーバメンテナンスが必要な場合。
    3. その他試験環境を提供することが困難な場合

第10条【不正行為等】

  1. 受験者が、本検定実施中に、次の各号に掲げる行為を行った場合には、これを不正行為とみなす。
    1. 物音を立てたり、声を出したり等、他の受験者の受験を妨害する行為を行った場合。
    2. 氏名等を偽って受験した場合。
    3. 携帯電話・電子辞書などの電子機器を使用した場合。
    4. 本検定の問題を漏洩した場合(例:ネット上に公開する行為など)、また漏洩を受けて受験した場合。
    5. その他、本検定の進行を妨げ、他の受験者に迷惑をかける行為を行った場合。
    6. カンニング行為等の不正な方法により解答したものと、検定官又は当委員会の職員が認めた場合。
  2. 前項により、不正行為と認められた場合、受験者は、その回の本検定の受験資格を失い、失格とする。
  3. 当委員会は、不正行為を繰り返す者又は今後も繰り返す可能性が高いと判断した者につき、以降の受験申込
    又は受験を受け付けない場合がある。

第11条【受験料の返還】

  1. 受験者が一旦払い込んだ受験料は、キャンセルや病気、ケガ等による欠席、実施会場の環境、他の受験者の
    不正行為他、その他いかなる理由があろうとも返還しない。
  2. 受験者が一旦払い込んだ受験料は、いかなる理由があろうとも、次回以降の本検定の受験料として繰り越さ
    ない。

第12条【個人情報】

  1. 当委員会は、本検定に関する個人情報について、個人情報保護法及び関係諸法令並びに当委員会が別に定める個人情報保護方針に従って、適切に取り扱う。

第13条【裁判管轄】

  1. 本検定を受けようとする者は、本規約に関する一切の訴訟につき、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の合意管轄裁判所とすることに同意した上で、受験手続を開始するものとする。

第14条【免責事項】

  1. 受験者は会場での安全を本人の責で管理するものとし、当委員会の責でない事故(例えとして階段で転んで
    怪我をした場合など)について当委員会は免責されるものとする。
  2. 台風、地震、洪水、津波等の自然災害または火災、停電、システム上の障害、その他不可抗力による事故等の発生により、やむをえず試験が中止された場合、当委員会は当該受験者に受験料を全額返還することとする。但し、中止にともなう受験者の不便、費用、その他の個人的損害について当委員会は、何ら責任を負わない。
  3. 台風、地震、洪水、津波等の自然災害または火災、盗難、システム上の障害等により、答案が喪失、焼失、
    紛失し採点できなくなった場合は、当該受験者に受験料を全額返還する。ただし、これにともなう受験者の
    不便、費用、その他の個人的損害について当委員会は、何ら責任を負わない。

第15条【規約改定】

  1. 当委員会は、随時本規約を改訂することができるものとする。
  2. 改定後の本規約は、当委員会が別途定める場合を除いて、当委員会のウェブサイトに公示した時から効力を
    生じるものとする。
  3. 受験者は改定後の本規約に同意するものとする。


平成23年 8月  1日 制定・施行
平成24年 7月18日 改定         


このページの先頭へ